Top >

あごら20年のあゆみ資料

 あごらは2022年、創立20年を迎えます。20年の歴史を振り返りました。 資料をご覧ください。
あごらの20年のあゆみはこちら

 2020年には減り続けていた自殺件数が増加しました。失業者も増えています。政府の労働力調査では195万人。そのうち、女性は72万人ですが、パートやアルバイトで失業に近い状況に置かれている実質失業者を入れますと、女性だけで162万人にも増えます。 
  昨年には新型コロナの感染は拡大し、再度の緊急事態宣言もでて、観光・運輸・飲食関連業種でさらに失業は増えると予想されます。急場には当然、直接支給は必要でしょう。しかし、莫大な財政出動がいつまでもつのか。そのつけは誰が支払うのか。
 早急に、新しい雇用を作り、失業減収となった人たちに、収入が入るセーフティネットを張ることが政府の責任ではないでしょうか。 さらに、自助だけではどうにもならない人々に対し、民間もまた、共助として、新しい雇用に向けて仕事を作り出す努力を今こそやるべきではないかとの思いで、NPOあごらは、民間企業を巻きこみ、新たな重層的セーフティネットのプロジェクトを企画し、実行に移す段階にあります。 NPOあごらは今年でちょうど20年になります。この20年間のひとり親家庭の母親たちを対象に行なった在宅の訓練と就労は、コロナ禍にある我が国の今後のセーフティネットの張り方に大いに役立つものであることを確信し、あごらの20年を振り返ってみます。
資料はこちら

ひとり親家庭等の在宅業務支援

NPO法人あごらは様々なひとり親家庭への支援を行ってきており、これからも引き続き取り組んでいきます。
詳しくはこちらへ

作文コンクール(ひとり親家庭支援プロジェクト)

作文コンクール

ひとり親家庭の方を対象に、小学生、中学生、高校生、おとなの4部門で、2017年、2018年、2019年の3回の作文コンクールを開催しました。
詳しくはこちらへ

「在宅就業者向け教育プログラム」ご案内

あごらでは、従来から行っているeラーニングによる教育プログラムを一新し、新たな講座として準備しています。また地方自治体での在宅就業支援事業に積極的に参加しており、この講座の利用も開始いたします。 現在5つのコースがあり、これらは地方自治体での在宅就業支援事業での基礎訓練として活用できます。受講者毎の受講管理や、各省毎の小テストなども充実させ、スキルレベルの向上を図っていきます。
    ■初めてのパソコン
    ■在宅就業スキル養成講座
    ■情報セキュリティ及び個人情報保護
    ■デジタル文書とファイリング講座
    ■在宅就業のためのデータエントリー
これらの講座の詳細は「在宅就業者向け教育プログラムのご案内」をご覧ください。
なお、現在開講中の「キャリアアップ講座」は、「■在宅就業スキル養成講座」の更新版であり来年を目処に、リニューアルする予定です。

キャリアアップ講座のご案内

NPO法人あごらは、「女性の力を活用し子育てを支援する、これがNPO法人あごらの仕事です」をキャチフレーズに、7年目に突入いたしました。NPO法人あごらはこの6年間、インターネットを使ったパソコン教育プログラム(eラーニング)や、自宅でデータ入力できるシステムなど、在宅就業のためのシステムづくりを積極的に進めてまいりました。 あごらで開設している教育プログラムの一つとして、「キャリアアップ講座」があります。既に150名の方が受講済みです。この講座は、Excel,Word,PowerPointなどを使った資料作成など、パソコンのスキルアップを目的としています。教室に通わなくても、自宅でインターネットを使って受講していただきます。
お知らせ
240126